ユキオ・スピリチュアルラボ ブログ

公開ページです
(登録メンバーだけがアクセスできるページはこちら)

記事作成は管理者だけができる。コメントは一般メンバーができる。閲覧はゲストができる。投稿一部閲覧のボードメンバー限定ができる。

現在新しい投稿からです  
ページ 1   古い投稿から
メンバーページ   ボードメンバーになる

ゲスト用共有ファイル
ボードトップへ
RSS配信

このボードの説明:ユキオのスピリチュアルな活動を開始しました。どこからでもアクセスできる無料公開鑑定も行っています。
管理者:yukiospirit

登録メンバー新規投稿
プロフィール
ユキオ・スピリチュアルラボ カウンセリング
人気ブログランキング
にほんブログ村
ブログランキング
占いランキング
Mystery-Search
ファイブ ブログランキング

2016年05月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
|

過去の記事
2016-04
2016-03

カテゴリ別記事
告知(19)
スピリチュアリズム(14)
理論・哲学(1)
ホワイト・イーグル(9)
東洋思想(3)
宗教とスピリチュアリズム(2)
健康・ヒーリング(3)
スピリチュアル カウンセリング(4)
苦しみ・困難(5)
パワースポット(5)
科学と心(4)
社会科学とスピリチュアリズム(1)
その他(3)

地獄について:スピリチュアリズムとキリスト教

yukiospirit
2016-05-04 11:47:54
投稿訂正
宗教とスピリチュアリズム

「こうしたら地獄に落ちる」との考えは、脅迫であり、また地獄は
、永遠の苦しみ、そして地獄に落ちた人とそうでない人との回復不
可能な分断を意味します。このような脅しは、伝統的には様々な宗
教で用いられてきました。

それに対して、スピリチュアリズムの多くは、地獄を説きません。スピリチュ
アリズムは、人間の魂はもともと完全であり、その表現として、輪廻を
しながら、進化向上していくと説きます。脅迫は不要であって、愛
や思いやりをはぐくむことが、進化向上に含まれると考えられます。

近年、キリスト教も、だんだんこのような路線、つまり地獄による脅迫を
排除する方向、に沿ってきたようです。

オリゲネスのような、万人救済説を説いた教父を除いて、キリスト教
は伝統的に地獄や煉獄を強調してきました。宗教改革では、カト
リックへの批判の先鋭化として、さらに地獄を使った非難が強くなって
いき、カルバン派は、地獄行きかどうかは、人が生まれる前から決ま
っているとし、さらに恐怖をあおる考えに傾いてきます。

筆者は、地獄を使った教えの方向転換のひとつは、20世紀最大の
神学者であるカール・バルトが与えたと考えています。確かにバルト
は、神に「選ばれた者」と「捨てられた者」を対比します。し
かし、「捨てられた」状況を限定するバルトの議論が数多く見られるの
です。「捨てられた」状況は、あくまで「救い」が認識されるため
のものと述べられたり、さらに、救い主であるイエスこそ捨てられた者
の代表である、「捨てられた者」への恵みは続いていくと語ります
。これは、「選ばれた者」と「捨てられた者」の区別は、イエ
スの救いの手の平に乗っかったものだと、主張するようなものです(
仏様の手のひら上の話のようなもの)。従って、「選ばれた者」
と「捨てられた者」の区別は認識されるけれども、永遠の苦しみを意
味する地獄はほぼ空洞化されていると考えられます。

カトリック教会のほうも、1960年代に出された.第二公会議で、
ほぼ同じような主張がなされています:「実際、キリストはすべての
人のために死なれたのであり、人間の究極的召命は実際にはただ
一つ、すなわち神的なものであるから、聖霊は神のみが知りたもう方
法によって、すべての人の復活秘儀にあずかる可能性を提供されること
をわれわれは信じなければならない。」

もちろん、スピリチュアリズムでは人の罪を背負うことは強調はされませ
んが、地獄という脅しを、積極的に否定してきたことは、先駆的
であったと言えます。


神道とは

yukiospirit
2013-07-15 21:45:35
投稿訂正
宗教とスピリチュアリズム

神道とは、日本の国家のためのものであり、それが国家神道として
結実し、過去の戦争を通して他国へ多大の損害をもたらしてきた、「
悪い」ものであると認識する人も多いと思われます。実は、筆者も
過去はその一人でした。

しかし、霊力の顕現による救いを目のあたりにし、180度その見かた
の変更をすることとなりました。

もともと神道は国家神道ではありません。以下は「神道の神秘」(
山陰基央)からです「神道には確固とした組織というものがなかった
。、、」
そして、山陰氏によれば、明治時代の西洋文明導入で、日本の伝統
文化を愛するものは時代遅れとされ、、、神道はその激動の中で、
いびつな国家神道に変形され、西洋崇拝の反動のような、グロテスクな
民族主義を注入された。
国家神道は「神道にとって異例の事態だった。」

大戦の敗戦により、さらに神道は衰退の一途をたどり、日本に「歴史
上の、どの時代・場所にも見出せないほどの、現世的・物質的・無
神論的社会の発生」が起きたと山陰氏は説明します。

文字数制限が近くなりますが、スピリチュアリズムは、グロテスクな民族主義
に走らず、日本人の精神基盤になりうるのではないか。しかも、既
成宗教と共有するものを保持しつつ、特定の政治的団体に利用される
こともなく、さらに神道のようにもともと確固とした理論がなかった
宗教にも、理論的支柱を提供するものになりうるのではないか、そ
う期待もいだいています。


登録メンバーとして新規投稿



現在新しい投稿からです  
ページ 1   古い投稿から

2016年05月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
|

管理
管理者への連絡(一般メンバー)
管理者への連絡(ゲスト)


URL