ユキオ・スピリチュアルラボ ブログ

公開ページです
(登録メンバーだけがアクセスできるページはこちら)

記事作成は管理者だけができる。コメントは一般メンバーができる。閲覧はゲストができる。投稿一部閲覧のボードメンバー限定ができる。

現在新しい投稿からです  
ページ 1   古い投稿から
メンバーページ   ボードメンバーになる

ゲスト用共有ファイル
ボードトップへ
RSS配信

このボードの説明:ユキオのスピリチュアルな活動を開始しました。どこからでもアクセスできる無料公開鑑定も行っています。
管理者:yukiospirit

登録メンバー新規投稿
プロフィール
ユキオ・スピリチュアルラボ カウンセリング
人気ブログランキング
にほんブログ村
ブログランキング
占いランキング
Mystery-Search
ファイブ ブログランキング

2016年06月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
|

過去の記事
2016-05
2016-04
2016-03

カテゴリ別記事
告知(19)
スピリチュアリズム(14)
理論・哲学(1)
ホワイト・イーグル(9)
東洋思想(3)
宗教とスピリチュアリズム(2)
健康・ヒーリング(3)
スピリチュアル カウンセリング(4)
苦しみ・困難(5)
パワースポット(5)
科学と心(4)
社会科学とスピリチュアリズム(1)
その他(3)

おだやかな心を養うことが解決へ導く

yukiospirit
2015-04-30 16:15:15
投稿訂正
苦しみ・困難

心の安定、おだやかな心を養うこと、これが霊的に一番安全な道で
す。

守護霊は強力ですから、まず守護霊を信頼しましょう。そして、い
つどんな場合でも、悩みがある時、困った時は、守護霊に話しかけて
みてください。この悩みや困難には、どういう学びがあるのか、教え
てもらうようにたのんでみてください。特に霊的な問題と感じる時は
、守護霊に解決していただくよう、お願いしてみてください。

答えがないように思えても、守護霊はすべて聞いています。

そして、守護霊にお願いするとともに、心をおちつけて、ゆったりした
気分になるよう努めてください。なるべく、穏やかに物事にあたりましょう


瞑想や精神統一は、おだやかになる力(定力)を養うことを目的に
することを、お勧めします。霊道を開こうとか、高いところにいる
存在と結びつこうとしても、このおだやかな心と霊的な訓練がないと
危険が生じます。

おだやかな心でいればいるほど、守護霊が働きかけすくなり、学びや気
付きが得やすくなり、困難がよりすんなりと解決していくでしょう。


人の悪意ある行為

yukiospirit
2014-10-09 19:58:18
投稿訂正
苦しみ・困難

自分以外の人はコントロールできません。それでは人の悪意ある行為に対
して、不可抗力なのでしょうか?

もちろん、話し合うこと、あるいは抗議すること、もしくは安全のために逃
れることはできるかもしれません。いずれにしろ、原因結果の法則は働
きます。人の悪意ある行為は、その人自身が刈り取ることになります


そして、人の行為の影響が自分に及ぶかもしれないことも、自分の
向上のために霊界により準備された状況の変化なのかもしれません。
もしかすると、悪意はもともとなかったこと、悪意があるとの自分の
妄想しかなっかったこと、に気がつくのかもしれません。


恨みの念

yukiospirit
2014-08-01 14:21:26
投稿訂正
苦しみ・困難

恨みの念は、感性の強い人に不快感、脳や神経のこわばりをもたら
すことがあります。別れかたがよくないと、元彼から恨まれ、結果
として、恨みの念を受けて困ることもあります。

根本の所は、その方の恨みからでているので、恨みを軽減させる
ことが大切です。恨みが残るような別れ方であったら、元彼への説
明が足りなかったのかもしれません。
直接会って説明を加えたり、あるいは、それがいやなら、信頼できる他
の方を通してその人に説明を伝えてもらうのがいいかもしれません。


それでも恨んでくる場合、質問者自身が防御する必要があります。ユキ
オ・スピリチュアルカウンセリングでは、念や邪気から身を守る行や瞑想法
もお伝えしています。


トラブルというチャンス

yukiospirit
2013-09-02 19:50:44
投稿訂正
苦しみ・困難

人は、思いもよらない困難で苦しい経験をすることがあります。その
ことについてホワイト・イーグルが述べることを紹介します:

「そんな時、慰めや安らぎを求めてもその目的をはたすことができま
せん。、、人々はカルマの教えに憤慨します。、、『私はこんな
ことをされる覚えはない』『どうしてこんなことが私に起こらなければ
ならないのだろう?』困難は機会が変装している姿であることに気が
ついていないのです。このような状況が人生でおこらなかったならば
、スピリチュアルな成長を遂げるための機会が奪われてしまったかもしれ
ないことが、わかっていないのかもしれません。その出来事がなかった
ら、ある種の仕事をする機会、それがきっかけでであった魂と会う
ことがなかったかもしれないのです。」(ホワイト・イーグル ヒーリング
 コンパクトブック 大内博訳 p60-)

困難や苦しみの体験もまた、それによって成長や出会いの機会が用意さ
れているかもしれない、そこまであちらの英知によって見通され、準備
されている、そういうことが読み取れます。さらに、その困難や苦しみが
死別だとしても、スピリチュアリズムによって、他界した人は存在しこの世
に残された方々を愛し続けていることを示す経験が与えられます。
そしていずれは再会できることに希望をもつこともできます。


登録メンバーとして新規投稿



現在新しい投稿からです  
ページ 1   古い投稿から

2016年06月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
|

管理
管理者への連絡(一般メンバー)
管理者への連絡(ゲスト)


URL